2006年07月15日

11日(ホールにて、2日目)

ホール入り2日目です。


かなりわくわくする舞台美術が出来上がりました。
さあこの日は、遊劇体の芝居では本番までの最大のヤマ場、場当たり。

やはり舞台があり、照明があり、音響があると、このお芝居の輪郭が改めて明らかになっていきます。これが心地よい。

ご飯休憩以外ほぼノンストップの怒涛の一日はホントにあっという間。
おかげで今日のフォト撮り逃がしました…

さあ!明日は本番前日!
稽古だ。ゲネプロだ。
ますます磨く作業です。


posted by 遊劇体ニュース at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ♯42『あの眩い光に砕けろ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック